【加古川市】一面に広がるこれ、何でしょう。西日本最大規模の産地ですよ。

2019/04/28 07時30分

市内でこんな風景が見れます。

です。
見渡す限り麦です。春を感じる風景のひとつです。

加古川市や稲美町を中心とする東播地域は西日本最大規模の大麦の産地です。今はこんなに緑が美しいです。5月下旬から6月頃には一面が金色色に染まって、収穫の時期を迎えますよ。

JAのふぁ~みんショップで、こんな商品を見つけました。
その名も「ふぁ~みん麦茶」。何のひねりもない、わかりやすいネーミングです。

ラベルを見てみると、

東播磨の光と風の中で育った、健やかな六条大麦だけを贅沢に使用と書いてありました。
飲んでみました。濃いです、贅沢な濃さを感じます。
香料・着色料未使用ということですが、疑わしいほど濃いです。これは焙煎釜に4度通す「効塾焙り製法」で仕上げられているため、香りが際立っているようです。

野菜だけでなく、お茶まで地産地消、すごいですよね。加古川市ならではの気候と風土だからこそできることですね。

今回撮影したのはこのあたり。

JA兵庫南の営農経済センターやカントリーエレベーターがある一帯です。
ふぁ~みん麦茶は、ふぁ~みんショップ各店で購入可能ですので、東播磨で収穫された大麦の味を楽しんでみてはいかがですか。

(さんマ)

ジモネタ加古川

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ