【加古川市】手足口病、流行中!これからますます増えそうです

2019/07/03 07時30分

現在、三大夏風邪のひとつである手足口病が全国的に流行っています。
加古川市・播磨町・稲美町地域では特に多数の患者さんが出ているのでご注意ください。
手足口病とは、その名の通り、手のひらや足の裏、口の中に痛みを伴う発疹が現れる夏風邪です。発熱も伴います。

子どもを中心に夏季に流行する感染症ではあるものの、昨年の同時期に比べると、10倍の患者数、いや、もっとです。加古川地域の感染症情報によると、5月末頃から一気に患者数が増え始め、現在その勢いは増すばかりです。

市内の幼稚園、保育園でも手足口病の子どもたちが多いようです。
大人も油断していられませんよ!90%前後は5歳以下の乳幼児がかかると報告されていますが、大人もかかります。発疹の痛みは大人の方が強く出るんですよ~!!関節痛、筋肉痛、全身倦怠感が症状として出るようで、気を付けたいところです。

 

特効薬はなく、特別な治療法がないのが手足口病。
感染しないようにしっかり手洗い・消毒し、感染をストップさせましょう!マスクでの予防も効果的です。

口の中やのどに出来た発疹の影響で、痛くて食事がとりにくい病です。のどごしのやわらかい薄味のものをあげるのが良いそうです。
たくさんの子どもたち、早く治りますように。

(さんマ)

ジモネタ加古川

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ